iPad修理

TOPブログ > iPad修理

iPad3の充電不良修理

iPad3の充電不良の修理依頼がありました。
突然充電が出来なくなる原因の殆どはドックコネクタの破損ですので、分解して最初にドックコネクタを検査したところガイドピンが曲がり電源系の端子が破損していました。
早速、新しい部品に交換して充電できるか確認してみたところ、充電器に接続しても充電が始まる気配がありません。
バッテリーが放電しきっている場合は再起動するまでにかなり時間がかかる場合があるので1時間ほど充電器を接続したままにしてみましたが充電状態にならないので、バッテリーもダメになってしまったと判断しこちらも同時に交換です。
交換後は無事に起動・充電が可能になりました。
ロジックボード自体の故障だと修理不能ですのでホッとしました。

iPadのバッテリー交換のは滅多にない依頼ですが、バッテリー自体が大きい上、大部分の部品を取り外さないといけないので大変です。
IMG_2024.JPG
IMG_2023.JPG
iPad、iPhoneの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad2 ジャイロセンサー修理

静岡のお客様からiPad2の郵送修理のご依頼を受けました。

iPadの姿勢検知が出来なくなっているようで、どんな向きにしても画面の向きが回転しませんでした。

iPad2の不具合としてはよく起きる障害のひとつです。

お客様のほうでリセットなどを試したようですが改善しなかったため当店へ修理に送って来られました。

iPad2の姿勢検知センサーはサブ基板上に実装されているのでこれを交換して修理完了です。

iPadの修理はガラス割れ修理ばかりですが、フロントパネルが割れていないと分解も早いしガラスの破片が手に刺さったりしないので作業していても楽です。

IMG_1976.JPG

iPhone、iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad3 修理

所沢市からのご来店です。

画面の縦横の表示切り替えができなくなって横画面固定になってしまったとのことです。
先ずはiPadを分解してジャイロセンサーの基板を取り出します。
IMG_0968.JPG
これにある修理作業を施して組み立てたところちゃんと画面が切り替わるようになりました。
画面上のガラスを貼り付けるテープを当店独自のものに変えてからテープ剥がれやガラス浮きなどが発生しなくなったので、ガラスの固定時間が殆ど要らなくなった上に信頼性も向上しました。(以前は固定治具で挟んで最低2時間圧着していました)
ご来店ありがとうございました。
IMG_0969.JPG
iPhone・iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad ガラス割れ修理の接着用テープ

iPadのガラス交換で使っている両面テープのはなしです。

従来は交換用ガラスと一緒に納入されるカット済み両面テープを使って接着していたのですが、店舗で使っているiPad3を高負荷で長時間耐久テストをしてみたところ、温度上昇によりホームボタン付近でガラス浮きが少し見られました。
通常の使用条件ではほぼ問題ないのですが個人的に気に入りません。
そこで同じ3M製ですが全く違う素材の両面テープに変えてみることにしました。
テープの製品仕様としては、新しいテープの方がiPadのような大きなガラスの接着に適していることは確実です。
ただし、このテープは一般的にホームセンターなどで市販されている両面テープではないため専門業者に発注して購入しなければいけませんでした。
そのためテープの価格も何倍もするのですが、今回テスト使用してみた感じでは修理後のテープ剥がれの心配も無くなりそうですし、パネルの圧着時間も短縮できそうです。
IMG_0610.JPG
iPad、iPhone修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad3 ガラス&マイク交換

豊島区からのご来店です。

ガラス割れの修理でご来店でしたが、割れたガラスを除去しているとフロントカメラの横に金色の金属片が挟まっているのを見つけました。
ピンセットでつまみ出すと潰れてはいましたがマイクのシールドカバーでした。
シールドカバーが潰れた形状から予想すると、落下時にプラスチックの外装が潰れてマイクがフロントカメラの基板部分にぶつかり、シールドカバーが潰れて落ちたようです。
IMG_0577.JPG
マイクも部品交換することになりましたが、Wi-Fiモデルであれば比較的簡単に修理できるのですが、この機種はWi-Fi+4Gモデルですのでマイク周辺には4G用アンテナやそのシールド部品が入り組んでいるため簡単には交換できません。
マイクを交換するために周辺に有るほぼ全ての部品を分解する感じです。
まずはガラスの除去をした後に、二重三重に重なった部品を慎重に取り外し30分もかけてマイクを外しました。(4Gアンテナの裏にも細かなガラスの破片が大量にあったので結果的にやってよかったのですが)
忙しい時にはあまりやりたくない修理ですね。
ご来店ありがとうございました。
IMG_0580.JPG
iPad,iPhoneの修理ならスマフォドクター池袋店へ。



iPad2 ガラス&Wi-Fiアンテナ交換

Wi-Fiの送受信がたまに不安定になるとのことで、ガラス割れの修理と併せてWi-Fiアンテナの交換をしました。

ガラスはヒビが一筋入っていただけなので簡単に剥がすことができました。
14021501.jpg
Wi-Fiアンテナは基板の裏側にコネクターがあるため一旦基板を外す必要があります。また、アンテナ線の経路上にドックコネクター等のケーブル類が重ねて組まれているのでそれらも分解しなければならず、作業が簡単な割には時間がかかりました。
ご来店ありがとうございました。
14021502.jpg
iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad2 ガラス交換

豊島区からのご来店です。

割れたガラスを剥がそうとすると、いとも簡単に剥がれてしましました。
中を見てみると以前にもガラス割れの修理をされたようで、ガラスを固定するための両面テープの他に古い粘着剤がこびりついたままでした。
14013002.JPG
このような古い粘着剤をきれいに掃除して接着面を脱脂しないと、ガラスが剥がれる原因にもなるのでしっかりとクリーニングしなければいけません。
あとは新しいタッチパネルに交換して修理完了です。
ご来店ありがとうございました。
14013001.jpg
iPhone、iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad2 ガラス交換

外国人のお客様です。

ガラスを割ってしまったのは3度目とのこと。
さすがにアルミフレームの凹みやキズも多かったので、新しいガラスを入れる前に何箇所か修正して引っ掛かりが無いようにしました。
最近、外国人のお客様が多いので当店をどこで知ったか尋ねたところ、以前にご来店いただいたお客様から口コミで広まっているようです。

ご来店ありがとうございました。
13120701.jpg
iPhone, iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad修理の工夫

iPadのガラス交換後は、ガラス固定用両面テープの粘着安定のためガラスの上に保護用の板と結構な重さのオモリを載せて一定時間おいておくのですが、11月も半ばを過ぎて気温が下がったせいで粘着力が落ちるでしょうか、放置後に剥がれてしまうことがありました。

そこで圧着用の治具を作ってみました。

治具といっても100円ショップでクリップとクリップボードを買ってきて、クリップボードの板だけに分解して半分に切断しただけです。

これで修理済みのiPadを挟んだほうが均一に圧着出来そうです。剥がれやすそうなところをクリップで固定し暫く放置してみようと思います。

これで上手く改善できれば出費200円で済みそうです。

13112001.jpg

iPhone,iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


iPad3 ガラス割れ修理

iPad3のガラス割れ修理に夜の7時前頃にご来店でした。

iPadの修理は営業時間中に完了しないことを説明したところ、後日受取りに来られるということで修理を受け付けいたしました。

症状としてはガラス割れだけでしたが、保護シートを貼って使用していたせいで割れたガラスが全てiPad内部に入り込んでいました。

分解後はいろんな隙間に入り込んだガラスの破片を丁寧に取り除き、フロントガラスを交換交換して修理完了です。

ご来店ありがとうございました。

13110802.jpg

iPad・iPhone修理ならスマフォドクター池袋店へ。


最近の記事