iPhone5 水没修理

TOPブログiPhone水没修理

豊島区からのご来店です。

iPhoneを水没させてしまった後、自力でフロントパネルを開けて水分を拭き取り、iPhoneと乾燥剤を一緒にジップロックに入れてご来店になりました。
水没から一晩経っていましたが、分解すると見えないところはまだまだ水滴が大量に残っていました。
直ぐにバッテリーを外して各部を目視チェックすると、基板側の損傷はあまり見られないものの周辺パーツのコネクタが腐食でかなりやられているようでした。
IMG_0047.JPG
まず基板を洗浄処理して乾燥している間にカメラなどの周辺部品をチェックすると、バッテリー、フロントカメラそしてバックカメラが完全にダメです。
液晶も画像は映っているのですが、1ドット毎に横線が入りまるで縦方向の解像度が半分になったような表示です。
もしかして乾燥が足りなくて正常に動作していないのかとも考えられたので、基板をチェックする間再度乾燥してみることにしました。

つぎに基板をお店の検証機に組み込み動作チェックすると、こちらは問題なく動作しましたのでまずは一安心です。

追加で15分ほど乾燥させておいた液晶パネルをチェックするとこんどは綺麗に画像が表示されるようになりました。
再来店されたお客様に状態を報告すると、予算的にいちどに全部は直せないとのことなので、今回はバックカメラ以外を新しい部品に交換して使用できるように修理しました。
バックカメラも近いうちに直しましょう。
ご来店ありがとうございました。

iPhone修理ならスマフォドクター池袋店へ。


最近の記事