iPhone4S ガラス交換

TOPブログiPhoneガラス交換

所沢市からのご来店です。

以前に他店でガラス割れの修理をしたが、いろいろと不調な上に再度ガラスを割ってしまったため当店にお越し頂いたとのこと。

バッテリーも持ちが悪いとのことでしたので、ちょうど動作チェックの終わった入庫したての液晶を仮組みし、バッテリーを交換して確認しようとしたところ全く起動しません。

おかしいと思いながらお客様の基板を店のチェック機に組み込んでみましたがリンゴマークすら拝めません。液晶が点灯しないだけかと思いMacに接続してみましたが認識もできません。基板が壊れたのかと思い焦ります。

お客様が他店で修理した際に水没反応有りと言われたとのことだったので、基板のシールド板を外して基板をチェックしたり周辺部品をあれこれ交換してみましたが症状は変わりませんでした。

そうこうしている内にお客様が受け取りに戻られました。

状況をお伝えし、代替機を出すので数日預からせていただくようお願いし、お客様が代替機のセットップをしている間になんの気なしにカスタム用のカラーパネル液晶を取り付けてみたところ何と正常動作します。

基板が復活したと思い、カラーパネル液晶を付けた状態で急ぎバックアップを取り、また標準の白パネルに組み直したら・・・・。

なんと起動しません。

こうなるとこの基板は、組み込む液晶のメーカーによって起動出来るものと出来ないものがあるとしか考えられません。

原因として考えられるのは、基板の電源回路が劣化したため、起動時の突入電流がちょっと大きい液晶だと電源回路が十分に電流を供給出来ずに電圧降下が発生し、電源監視ICがリセット信号を解除しないのではないでしょうか。

解決策はみつかりましたが、間の悪い事に普段はいくつかのメーカーのパネル在庫があるのですが、先週4Sの修理ばかりあったため今日は4S用標準パネルは全て同じメーカーの在庫しかありません。

お客様は動くのならカスタムパネルでもいいとのことでしたので、水色へカスタム改造し無事動作確認出来ました。

こんな不具合も起きるんですね。

お客様を大変待たせてしまい申し訳ありませんでした。ご来店ありがとうございました。

13091001.jpg


最近の記事