iPad3の充電不良修理

TOPブログiPad修理

iPad3の充電不良の修理依頼がありました。
突然充電が出来なくなる原因の殆どはドックコネクタの破損ですので、分解して最初にドックコネクタを検査したところガイドピンが曲がり電源系の端子が破損していました。
早速、新しい部品に交換して充電できるか確認してみたところ、充電器に接続しても充電が始まる気配がありません。
バッテリーが放電しきっている場合は再起動するまでにかなり時間がかかる場合があるので1時間ほど充電器を接続したままにしてみましたが充電状態にならないので、バッテリーもダメになってしまったと判断しこちらも同時に交換です。
交換後は無事に起動・充電が可能になりました。
ロジックボード自体の故障だと修理不能ですのでホッとしました。

iPadのバッテリー交換のは滅多にない依頼ですが、バッテリー自体が大きい上、大部分の部品を取り外さないといけないので大変です。
IMG_2024.JPG
IMG_2023.JPG
iPad、iPhoneの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


最近の記事