iPad修理の工夫

TOPブログiPad修理

iPadのガラス交換後は、ガラス固定用両面テープの粘着安定のためガラスの上に保護用の板と結構な重さのオモリを載せて一定時間おいておくのですが、11月も半ばを過ぎて気温が下がったせいで粘着力が落ちるでしょうか、放置後に剥がれてしまうことがありました。

そこで圧着用の治具を作ってみました。

治具といっても100円ショップでクリップとクリップボードを買ってきて、クリップボードの板だけに分解して半分に切断しただけです。

これで修理済みのiPadを挟んだほうが均一に圧着出来そうです。剥がれやすそうなところをクリップで固定し暫く放置してみようと思います。

これで上手く改善できれば出費200円で済みそうです。

13112001.jpg

iPhone,iPadの修理ならスマフォドクター池袋店へ。


最近の記事